工場での野菜生産

野菜工場

近年、サラトリオなど工場で生産された野菜がスーパーマーケットなどで販売されています。工場で自動生産される野菜は、自然栽培された野菜と比較しても、栄養素や安全性に問題はありません。実際、工場で生産される野菜は、厳格な品質管理のもと、環境、肥料、水の管理が行われ、生産過程中の微生物汚染や農薬汚染のリスクが低く抑えられています。工場で生産される野菜には、地球温暖化や食糧危機などの課題に対する解決策として注目されている一方で、地域の農業や食文化の維持に対する影響が課題とされています。生産コストについてはスマートファクトリーの推進により、人がほとんど介在することなく栽培できるようになり安定供給に向けての課題は低減しています。

レタス 3種類のレタス「サラトリオ」って食べて大丈夫!?

宇宙での野菜栽培

レタス、キャベツ、スイスチャード、ラディッシュ、ヒヨコマメなど、さまざまな野菜が宇宙でも栽培されるようになります。特殊なLED照明や水耕栽培システムが使用されており、栄養素や炭素、酸素なども調整されています。また、重力の影響も考慮され、根や茎が正常に成長するように制御されるそうです。

宇宙ホテル 宇宙ホテル

 

ベジタス

農薬を使わず工場で育てられているレタスのシリーズです。https://www.vege-tus.com/

YouTube player

出典:株式会社スプレッド /Spread Co.,Ltd.

ブロッコリースーパースプラウト

光や温度、栽培装置の制御をすべて自動で管理された工場で生産されているブロッコリースーパースプラウトですhttps://www.murakamifarm.com/products/bss/

YouTube player

出典:村上農園チャンネル