オオタニサン

MLB

二刀流の大谷翔平さん、連日アメリカMLBでの活躍が素敵ですね!野球というかMLBでの主な日本人選手の活躍について調べてみました。

野茂英雄

ピッチャー。日本人はMLBでは通用しないと言われていた中、独特のトルネード投法から放たれる落ちるフォークボールでMLBの猛打者たちから多くの三振を奪取。当時、労使対立で1994年8月からストライキに入り、シーズンは打ち切り、ワールドシリーズも中止となり、ファン離れも起き、人気低迷し、ファン離れが起こってしまったMLBにおいて、野茂さんの活躍にアメリカ人も「NOMO」と熱狂してMLB人気復活の立役者だったそうです。凄いですね!そして、その活躍もあってか、大谷さんら多くの後輩たちがMLBでの活躍を目指す礎を気づいた、日本人のメジャーリーガーのパイオニアとなった方なんですね。MLBオールスターで日本人投手として初先発もしています。

MLB在籍:1995〜2008

最高推定年俸:約9億円/年

HIDEO NOMO Official Site https://www.nomo-radiant.jp/

イチロー

俊足、強肩、自身の最多安打記録を塗り替え続けた三拍子揃った外野手。レーザービームと評されるライトからの矢のような返球でランナーをアウトにする動画をみて驚きました。高校生まではピッチャーもやっていたんですね。

MLB在籍:2001〜2015

最高推定年俸:約18.5億円/年

YouTube player

出典:TVヤング

松井秀喜

大谷さんが記録を更新するまではMLBでの日本人最多ホームラン数を記録、顔が大きいからか、「ゴジラ」のあだ名のホームランバッターでMLBの優勝決定戦であるワールドシリーズ 日本人ではじめてMVPを獲得されている。高校時代、星稜高校の4番バッターとして出場した甲子園で5打席連続で敬遠されてチームが負けたときは本当に悔しかったでしょうね。東京2020オリンピックの開会式で聖火ランナーとして国立競技場で伝説の長嶋茂雄さんをしっかり支えていたお姿が感動的でしたね。

MLB在籍:2003〜2012

最高推定年俸:約13億円/年

松坂大輔

高校生時代は甲子園春夏を連覇した横浜高校のエースで「平成の怪物」と呼ばれ、同期の「松坂世代」はプロ野球でも活躍した優秀な選手が多かったみたいですね。近年は怪我に苦しみ、先月、今季限りで引退を発表されましたね。

MLB在籍:2007〜2014

最高推定年俸:約10億円/年

 

大谷翔平

ピッチャーとバッターの二刀流で俊足で、今年はホームランを量産中。歴代の日本人メジャーリーガーで一番イケメンですよね。オオタニサンは「野茂さん(ピッチャー)+イチローさん(俊足)+松井さん(ホームラン)」の要素し、更にイケメンを融合した超スーパースターですが、その活躍の割に年俸が低い感じがしますがこれはコロナ禍の影響なんでしょうか?今年の大活躍で来年は年俸が爆増するかもしれませんね。現在、ホームラン数がトップ、このまま日本人初のMLBホームラン王になってください。

MLB在籍:2018〜

最高推定年俸:約8.9億円/2年

2021年シーズン終了(10月5日追記)

投打二刀流でホームラン46本、ピッチャーとして9勝で大谷翔平の2021年シーズンが終了。シーズン終盤は敬遠も続き、惜しくも日本人としては初のホームラン王を2本差でのがしての3位、1918年のベーブルースから誰も成し遂げられていないシーズン2桁勝利2桁本塁打も1勝及びませんでした。残念ですが、来シーズンに楽しみは持ち越しです。年俸大幅アップと来シーズンの更なる活躍に期待ですね。