肌荒れには石焼き芋!?

肌荒れ

秋も深まり、最小湿度が20%代と空気が乾燥し、カサつきなど肌トラブルに悩まされる季節ですね。秋から冬への季節の変わり目は肌のカサつき・乾燥に次いで肌荒れ・かゆみ・化粧ノリが悪くなるなどトラブルが多くなります。スキンケアに秋口から年明けまで旬の食材であるサツマイモが良いとのことなので私もこの秋から肌を乾燥させない工夫にサツマイモを食べるようにしてみました。

肌の艶やかさ

肌は自分の魅力や第一印象を決める重要な要素でもあり、また、肌は健康具合を表すバロメーターでもあります。内蔵など体の内側が健康であれば外側の肌も健康であり、肌が不健康であれば体の内側も不健康である可能性があるそうです。

肌をダメージから守ってくれる食べ物 トップ3

紫外線、タバコやお酒などから私達の肌は日々、ダメージを受けています。食べ物も肌にとても大きな影響を与えています。肌をダメージから守ってくれる食べ物を3つご紹介します。

サツマイモ

肌に良いだけでなく、健康全般に良い食物繊維、ビタミン、ミネラルがたっぷりと含まれた栄養素の高い食品がサツマイモです。美肌効果、便秘改善、脳の機能を強化する効果に加えてビタミンEが豊富に含まれているので脂質が酸化するのを防ぐ抗酸化作用によって体の細胞が酸化によって老化するのを防いでくれます。また、サツマイモに豊富に含まれているカリウムが体の余分な塩分を排出してくれることにやって、むくみを解消してくれる効果もあります。更に糖質の代謝と助けて疲労を回復する、免疫を強化するホルモンバランスを整えるといった効果もあるとされています。最強の食べ物ですね。ただ、食べすぎには注意が必要です。腸内細菌の餌となる糖質や食物繊維が豊富なので食べ過ぎるとガスが発生したり、おなかが張って痛くなったりしてしまいます。また、太りにくいとはいっても炭水化物ということは忘れないようにしましょう。サツマイモ

1日に食べる目安はサツマイモ1本程度までにしておきましょう。焼き芋で食べる場合は若干摂取カロリーが増加するので、半分から2/3本程度と少なめを意識した方が良いみたいです。よく洗って皮ごと食べるのがおすすめです。皮にはサツマイモの肉質の約5倍もの濃度のカルシウムが含まれているのに加え、ポリフェノールの一種である『クロロゲン酸』という老化や病気予防に効果がある抗酸化物質が含まれているからです。

腸内環境と肌は密接に結びついているので体の内側から肌をキレイにするには腸をキレイにする必要があるのです。腸はきちんと働いていると、食べ物からしっかり栄養素を吸収することができ、その栄養がしっかりと肌まで届けられるということです。腸がきちんと機能していれば体に悪いものもブロックしてくれる働きもあります。不摂生な食生活などで腸内環境が悪化してしまうと肌の状態も悪化してしまうのです。腸内細菌のバランスが崩れると悪玉細菌が増え、悪玉菌がつくり出す有害物質や活性酸素によって腸内環境が悪化すると言われています。更に、恐ろしいことに有害物質やカッセ酸素は血液を通して全身に運ばれ、それらの悪いものが肌にも届いてしまって、肌荒れやニキビ、乾燥、ザラつきといった肌のトラブルを引き起こしてしまうそうです。お肌のためにも腸活も気をつけた方が良いですね。

 

ニンジン、カリフラワー、葉物野菜

ニンジン

サツマイモもニンジンもオレンジ色ですが、それは、ベータカロチンという物質が豊富に含まれているからです。体の中でベータカロチンという物質を使ってビタミンAを作り出しているそうです。このビタミンAが肌の健康にとって重要な成分なのです。紫外線のダメージを防いでくれ、天然の日焼け止めのような効果があるそうです。ベータカロチンを含む抗酸化微量栄養素をたっぷりと摂取することで、紫外線に対する皮膚の防御力が高まり、皮膚の健康と魅力的な外見を維持するのに役立つという研究報告もあるそうです。

ニンジンやカリフラワー

ニンジンは野菜のキングと言われている程、その栄養価が高い食材であり素晴らしい美肌効果があるとされています。美容に良いとされる栄養素である鉄分・カルシウム・βカロチン・カリウム・ビタミンB群・ビタミンC・ポリフェノール・食物繊維が豊富に含まれています。

カリフラワー

強力な抗酸化物質が含まれいるのに加え、美肌、美白をもたらすビタミンCがレモンに匹敵するほど豊富に含まれているのですが、茹でた後でもレモン果汁と同程度のビタミンCが残ると言われています。また、紫外線の悪影響から肌を守ってくれる物質も含まれているようなのでブロッコリーのようにサラダに混ぜて毎日食べ続けたいですね。

葉物野菜

ほうれん草、キャベツ、ケール、ベビーリーフ、グリーンリーフ、ニラ、小松菜、水菜、春菊、チンゲン菜などの葉物野菜は低カロリーで炭水化物も少ない上に食物繊維が豊富なのでダイエットにも効果的であると言われています。また、抗酸化物質・ビタミン・ミネラルを豊富に含んで栄養価が高く、いくつかの研究では脂肪燃焼を助けるということが示されているそうです。更に緑の葉物野菜を食べると脳の若返りも期待できる、つまりは認知機能の低下を遅らせることができるとの効果も研究によって推測されているとのことです。

シワや日焼けによるダメージ、皮膚ガンから守ってくれる物質が緑の葉物野菜には多量に含まれているとの研究結果もあるようなので美肌対策に留まらず、積極的に葉物野菜を食べないと損ですね。

 

アボガド

健康に非常に良いオレイン酸と呼ばれる脂質やビタミン、ミネラルを豊富に含んでいる最も栄養価の高い果物としてギネスブックにも登録されています。オレイン酸には悪玉コレステロール値を下げる作用があり、血液をサラサラにしてくれる効果があると言われており、血流を良くすることで全身の細胞に酸素や栄養素をきちんと届けることができ、体の各細胞で発生した老廃物をきちんと回収することができるので体の内側から肌がキレイになったり、皮膚のモチモチ感が増したり、シワが減少するなど若返りにつながるとの研究結果もあるようです。食物繊維もゴボウ並に含まれているので腸内環境の改善に役立ち、美肌につながります。活性酸素を除去して皮膚の新陳代謝を促す効果があるビタミンEも豊富に含まれているので若々しい肌を維持する効果があり、シミの原因を抑えてくれるビタミンCも豊富に含まれているので美白効果や肌荒れを抑える効果も期待できるとのことなので食べない理由はないですね。

アボガド

お値段もお手頃ですし、保存にも適したアボガドオイルを葉物野菜のサラダのドラッシングにするなどして毎日摂取することも苦なく続けられると思います。ただ、肌に良いからといって食べすぎは禁物です。目安として1日1個を目安にしましょう。

参考

YouTube player

出典:フェルミ研究所 FermiLab

YouTube player

出典:友利新 / 医師「内科・皮膚科」