オリーブが枯れた!?

オリーブ

オリーブが枯れたときの対処法

母が春先に買ってきたオリーブの苗木がゴールデンウィークを過ぎたあたりから葉が黄色から茶色に変色していき、しおれた感じで1ヶ月がたったので枯れてしまったと思ってました。

4合鉢の小さな苗木だったのですが、母は葉が落ちた枝を剪定して更にこじんまりしました。残った葉は日が立つにつれ、秋の紅葉より深い茶色になり、丸く内側に丸まってます。

母は液肥を与えすぎてしまったのがこうなってしまった原因かもと言っていました。肥料やけです。

同じ時期に買ってきた他のオリーブの苗は品種が違いますが、順調に育っています。

母は諦めずに枯れたオリーブにもこまめに水を与えました。

枯れていて根が水をすわないせいか、表面が乾いて見える土でもちょっと水を与えただけで鉢皿に水が溢れてきます。

2ヶ月ほどが経って、枝の根本の方から鮮やかな緑の新芽が出てきました。枯れてなかったんですね。赤茶色の葉っぱはまだしぶとく残っています。母はダメ元で「メネデール」という植物用のサプリメントを与えていたようです。

olive

また、オリーブはある程度の乾燥を好むようなので、素焼きの鉢で湿気は保ちつつ、かわいいからとか、心配だからといって水を与えすぎないのがコツのようです。

植物の生命力と母の粘り強さに改めて驚きました。

母親たちの世代は、植物の育て方は誰かに口伝で教わるか、本を買って、挿絵のモノクロ静止画から自分の頭で想像しながら、トライアンドエラーでチャレンジするしか方法がなかったそうです。現在、Google先生しかり、Youtubeなど動画での解説を望むタイミングで、繰り返し何度でも、しかもほぼ無料で視聴できる私達の世代を羨ましいと言っています。植物の育て方だけではなく、広く色々なことで言えることです。

メネデール

植物活力素

いつでも使える、植物のサプリメント

植物の生長に欠かせない鉄を、根から吸収されやすいイオンの形で含む植物活力素です。

発根を促し、元気な株に育てます。肥料でも農薬でもないので毎日使え、さし木、種まき、植え付け、植え替えから弱った時の活力アップまで、一切の場面で活躍します。

 

オリーブの苗木 コロネイキ

  • ギリシャで栽培されるオリーブの種類の中で、約半分の品種がコロネイキです。 樹形は拡張型で、葉は小さく先が尖っています。 果実は小さめで2グラムほどですが、沢山実ります。 この品種は花粉も多いので、他のオリーブとの相性が良く、受粉樹としてもよく用いられます。 安定した果実の収穫量があり、含油率が高いのも特徴です。
  • 学名:Olea europaea 'Koroneiki' タイプ:モクセイカ科オリーブ属 常緑中高木 原産地:小アジア 樹高:2m以上 開花時期:5月~7月 収穫期:10月下旬~11月中旬
  • 【育て方】 ■日当たり・置き場所 日光を好むので、庭植え、鉢植えともに日当たりが良い場所を選びます。 通気性の良い肥沃な用土をを好みます。 ■水やり 鉢土の表面が白く乾いたら、鉢底の穴から少し流れ出るくらいたっぷり与えます。 庭植えの場合は、土質にもよりますが、苗木や植えつけ直後の木を除けば水やりはほとんど必要ありません。
  • ■肥料 庭植えは2月と10月に、鉢植えは2月、6月、10月に有機質肥料か速効性化成肥料を施します。
  • ■剪定 適期は3月~4月と、9月~10月で、細かな剪定よりも、整枝が大事です。 伸びたら切るの繰り返しでは、樹勢が落ち着かず、結実しません。 場所に余裕があれば、一般には開心自然形に仕立てます。 場所が狭い場合は、主幹形に仕立て、側枝は角度を広くとり、枝垂れるように仕立てます。
  • 【お読みください】 植物には個体差があり、お届け時には掲載画像と異なったイメージになる場合が御座います。 背丈・株張りなどは出荷タイミングや季節などで、小さくなったり大きくなったりします。 植物の状態を確認し、生育に問題が無い事を確認して出荷しております。ご了承ください。