ヴィンテージとアンティーク

アンティーク

リバースウィーブ

championの12oz、厚手のプルオーバーパーカーを購入しました。縦の縮みに強いリバースウィーブという製法でつくられたパーカーです。本当はヴィンテージものを手に入れたいと古着屋さんを物色していたのですが人気の高いYEAL程度の良いモノだと5〜6万円にもなってしまうので当時の製法を再現した新品を購入しました。『洗うほどにタフになり、着込むほどに独自の風合い・味がでる』ということなので経年変化を楽しみながら長く愛用たいです。

champion shopのスタッフから「最初の数回の洗濯で横方向には普通の洗濯と脱水でそれなりに縮む」とのアドバイスを受けて試着の上でワンサイズ大きいのを購入しました。

アドバイス通り、NonwashからのOnewashで縦の縮みはないですが横にはちょっとだけ縮んだ感じがします。「乾燥機にかけると2〜3サイズほどは縮む」とスタッフの方からの注意でした。

アンティーク

100年以上経過したものをアンティークといい、そこまで年数は経っていないが完成度が高く、古くなっても価値が高いものがヴィンテージと呼び方が区別されているようなのですが何事も表面上の価格ではなく、価値を考えたですね。

 

offsele 本当にお得?価格と価値

特にファッションにおいては業界の大量廃棄の闇から脱却するためにも古着になっても長く愛用してもらえるモノを大切に着こなしたいですね。

アパレル業界の課題 10億捨ててる!?