ノンオイルドレシングは毒!?

魔女

体に良いと思って、ノンオイルドレッシングでサラダを食べていましたが、結論としてノンオイルドレシングには果糖ぶどう糖液糖、砂糖やトランス脂肪酸が多く含まれているのでダメだったみたいです。カロリーは低いものの毒の塊だったのです。血糖値があがる、老けやすくなるなど良いことがないので今後は食べないようにします。

我が家では日清の日清オイリオ ドレッシングダイエットうまくち和風を幼い時から使っていましたがもう買いません!

糖類(果糖ぶどう糖液糖砂糖)、醸造酢(国内製造)、食用植物油脂、醤油(小麦・大豆を含む)、ぶどう果汁、玉ねぎ、食塩、オリーブ、たん白加水分解物、酵母エキス、にんにく、チキンブイヨン、赤ピーマン、香辛料 / 調味料(アミノ酸等)、増粘剤(キサンタンガム)、甘味料(スクラロース)

油の効能

実はオリーブオイルなど油と一緒にサラダを食べないと野菜の栄養素の9割を体内に吸収できないとのことです。油はビタミンの吸収率を上げてれる働きがあったのです。サプリメントでビタミン剤だけを接種していても接種率が低いということが様々な研究結果で明らかにされていたんです。これまで、とても無駄な食事をしていたのでがっかりしたのと同時に日本の大手食品メーカーがそうしたノンオイル商品をあたかも体に良いと思わせて販売していることに怒りを感じました。

果糖ぶどう糖液糖

甘くてカロリーがない人工甘味料は体内で分解されないので吸収されないので太りませんが排泄もされないのです。腎臓や肝臓に蓄積されてしまっているそうなのです。

トランス脂肪酸

安い揚げ物やスナック菓子には安い油であるトランス脂肪酸を使われてることがほとんどだそうです。企業側に儲けが出ないですから体に良くないことを知っていて利用しているとしたら悪魔ですね。

 

参考 40歳からは食べてはいけない病気になる食べもの

「マーガリンはバターよりも健康的」なんて今はもう昔の話。ついに米国はトランス脂肪酸の全廃を発表しました。トランス脂肪酸は肥満や心臓病に関連。ほかにも、あなたの寿命を縮める食品の話が盛りだくさんです。